空気環境に配慮した家を求める
明らかな理由があります。

起きている間も、眠っている間も、人は呼吸をし続けています。
人が一日に呼吸する量は14,400L。500mlのペットボトルに換算すると28,800本分に相当します。

 

 

 また、私たちが一生涯で摂取する物質の割合をみると、飲食物よりも空気の方が圧倒的に多く、中でも「室内空気」は全体の57%を占めます [1] 。

にもかかわらず、現代の住宅は高気密。24時間換気が行われているとはいっても、毎日営まれる人間の生活によって、ニオイや湿気など様々な物質がこもりがちです。さらに、住宅建材に使われる化学樹脂からは、様々な種類の化学物質が揮発しており、たとえそれが微量であったとしても、住まいの空気質、そして住む人の健康に大きな影響を与えることがあります。

 

化学物質が人に与える影響は、一般に大人よりも成長期の子どもの方が大きいと考えられ、体重1kgあたりで比較すると、子どもは大人の2倍近くの化学物質を取り込んでいることになります[2]。

 

家族みんなが安心して暮らせる住まいを考えたとき、そこに、「空気環境に配慮した家」を求める理由があります。私たちは健康のために食べ物や水を選ぶのと同じように、室内空気の安全性にも気を配る必要があると考えております。住宅において最も空気に触れる壁面から、空気環境の見直しをご提案いたします。

「シラス」を主原料とした、化学物質を一切含まない安心•安全な100%自然素材の「シラス壁」は、高い消臭機能、調湿機能を持つだけでなく、ホルムアルデヒドなどの化学物質を分解します。さらに抗ウイルス建材としての効果も明らかとなっており、これらは全て、大学及び多くの研究機関によって実証されております。

「空気科学住宅®」は、自然素材100%の「シラス壁」を活用し、住まいの空気環境に配慮した住宅のことを指す商標権です。


[1] 村上周三「住まいと人体ー工学的観点からー」(臨床環境医学9:49~62, 2000)
[2] 東京都福祉保健局健康安全部環境保健課「化学物質の子供ガイドライン(室内空気編)」(2011)

ページトップへ