取材・記事

おうち焼肉のニオイ、どうやって落とす?

2022/06/30(木) 暮らすすべて

夏は、おうちで焼肉をする機会が増えます。みんなでワイワイと食べるのは楽しいですが、そのあとに残るニオイが気になります。部屋にニオイをつきにくくするための対策と、ついてしまったニオイを落とす方法を紹介します。

 

■おうち焼肉の前にやっておきたいこと

①換気をする

焼肉のニオイの原因は、オイルミストによるものです。お肉を焼くと、空気中に細かい油が立ち上り、それが空気中に漂って、壁や床、家具や洋服などに付着するため、嫌なニオイが長く続きます。

オイルミストの付着を防ぐために、換気が重要です。夏はエアコン効率を上げるために、窓を閉め切りにしてしまうことも多いですが、おうち焼肉をするときには、部屋の窓を二箇所開けて、空気の通り道を作りましょう。窓が一箇所しかない場合は、換気扇を回して、空気が外に出るようにします。扇風機やサーキュレーターがある場合は、窓の方に向けて回すと、室内の空気を外に追い出し、外気を効率的に取り込むことができます。

 

②布製品を片づける

カーテンやクッション、ラグマットなどの布製品は、ニオイを吸収しやすく、一度ニオイがつくと落とすのにも手間がかかります。おうち焼肉をするときには、できるだけ布製品をその部屋の中に置いておかないようにしてください。

クッションやラグマットなど、簡単に動かせるものは別の部屋に持っていきましょう。カーテンなど簡単に外せないものは、タッセルで括って、広げておかないようにします。外から室内が見えてしまうのが気になるかもしれませんが、できればレースのカーテンも一緒に括っておいた方がいいでしょう。

また、部屋に置かざるをえない布製品には、除菌消臭スプレーをかけておくのがおすすめです。除菌消臭スプレーはついたニオイを落とすだけでなく、ニオイがつきにくくする効果もあります。

 

③壁や家具を覆っておく

オイルミストの付着や油の飛び散りを防ぐために、ホットプレートや鉄板を置く周辺の家具や壁は新聞紙などで覆っておくと安心です。新聞紙がない場合は、養生用のシートや大きめのゴミ袋でもいいでしょう。ホームセンターや100円ショップでも手に入ります。焼肉が終わったら、そのまま処分すれば、ニオイはもちろん、拭き掃除などの手間も減らすことができます。

 

■ついてしまったニオイを落とす方法

①アルコールで拭き掃除をする

アルコールは油に溶ける性質があるため、油汚れやニオイを落とします。ニオイのついた床や壁、家具などは、アルコール消毒液を使って、拭き掃除をしましょう。洗剤と違って二度拭きが不要なので、直接吹きつけて、乾いた布などで拭き取るだけでOK。ただし、電化製品などは故障の原因にもなるため、アルコールを含ませた布で優しく拭き取りましょう。

アルコールの成分は比較的素材を傷めにくいですが、ワックスやニスなどで塗装されたものは素材を傷めてしまうことがあるため、使用できません。その場合は薄めた食器用中性洗剤などで拭き取り、仕上げに水拭きをして洗剤成分を残さないようにしましょう。

 

②布製品にはスチームアイロンを当てる

衣類などのニオイのついてしまった布製品は洗濯して付着した汚れを落とすのが一番ですが、カーテンや布製のソファなど簡単に洗えないものには、アイロンのスチーム機能やスチーマーで蒸気を当てるのがおすすめです。水分が蒸発するときに、ニオイの成分も一緒に取り除かれます。熱により除菌もできるので、カビの予防にもつながります。

 

③濡れタオルを振り回す

焼肉のニオイを大急ぎで消したいときにおすすめなのが濡れタオルです。濡らしたタオルを振り回すことで、オイルミストを吸着し、消臭してくれます。タオルを濡らすときに、アロマオイルなどを垂らしておくと、部屋によい香りを広げることができ、より効果的です。部屋の中で場所を変えて何度か繰り返しましょう。

 


河野真希(家事アドバイザー)
https://www.kawano-maki.net/

記事一覧

ページトップへ